トマトの葉っぱに黄色い斑点、これって病気?




マンションのベランダで栽培しているフルーツトマトの葉っぱに黄色い斑点が見つかりました。

大きく成長したトマトの株の葉に黄色っぽい斑点模様が葉っぱにちらほらと現れて、葉の何枚かは元気が無く枯れてしまっています。

梅雨時期、1週間ほど雨が降ったり止んだりの天候が続き、晴れの日が少なかったです。

さらに、同じ丸プランター鉢にバジルを寄せ植えしているため、通常よりたくさん水分を必要としています。

水やりの頻度は植付けから1.5ヶ月くらいは1日に1回、朝方にたっぷりやっていれば問題なかったのですが、植付けから1.5ヶ月程経過した6月中旬以降は梅雨時期に入ったにも関わらず、夕方にはシオシオになっていました。

バジルはたくさん水を必要とするハーブでトマトは水を少なめにすると実が甘くなりやすいと言われています。そのため、よくバジルとトマトは寄せ植えの相性が良い作物として紹介されることも。

私のベランダでもその情報を元に寄せ植えでトマトを育て始めたのですが、予想以上に水が必要だということを学びました。

ネットで調べるとトマトの葉っぱに黄色い斑点が出る際は以下の原因が考えられます。

・葉焼け

・べと病

・灰かび病

・葉カビ

・ススカビ病

被害が大きくなる前に各病気を調べて早めの対策を行っていければと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です