唐辛子の葉っぱの被害と病気・トラブルまとめ




唐辛子の葉っぱの縮れは茶色く枯れてしまうなど、トウガラシの葉っぱにまつわる病気をまとめました。

家庭菜園で栽培しているトウガラシの葉っぱの様子がいつもと違う時は本記事を参考にして対策を講じましょう。

【スポンサード広告】

萎凋病

葉っぱに褐色の模様が現れ次第に拡大して黒褐色になります。

症状が進み、病斑同士がひっつくと葉っぱが変形・シワシワに縮み、落葉します。

モザイク病

葉に明瞭な黄色の斑点やモザイク症状が現れます。ときにはえそなどを生じることも。

他に糸葉や縮葉といった葉っぱの奇形を生じることがあります。

白星病

白みがかった灰色の斑ら模様でその周辺は褐色に変色し、その周りは黄緑色になります。

三段に変色して構成される病斑は融合して大型となり、最終的には落葉してしまいます。

斑点細菌病

葉の裏に水浸状でやや隆起した小斑点を生じます。

のちに中心が褐色に変化し拡大または融合して数mm、褐色の不整形の病斑となる。

病斑の周囲が暗緑色水浸状になっている。

黒枯病・炭疽病

褐色小斑点が形成され、しだいに拡大し不定形で黒褐色輪紋状の病斑となります(黒枯病)

はじめ黄色の小斑点を生じ、しだいに褐色不整形に拡大し、のちに中心部がやや退色して灰色になります(炭疽病)

葉枯細菌病

黒褐色・不整円形の病斑を生じます。ときには輪紋状となる。

茎に黒色ですじ状の病斑を生じること。

斑点病

白色の小さな斑点を生じる。

その後病斑の周辺が暗褐色または灰白色に拡大していきます。

病変は輪紋状の大きな円形~楕円形で,中心部が灰白色,周辺部が暗褐色(~暗緑色)の病斑となる。

症状が進むと病斑同士が融合し,葉全体が黄化し落葉します。

白斑病

小さな褐色の小斑点を生じ,のちに内部が灰白色で周辺部が濃褐色の病斑になる。

病斑は拡大すると輪紋を形成しながら径10mm以上に達することがあります。

まとめ

いかがでしたか?トウガラシの元気がなさそうな場合、葉っぱはその症状をよく観察して原因を探してみましょう。

家庭菜園は早め早めの対策が被害拡大を防いでくれますよ。

(参考:ルーラル電子図書館 http://lib.ruralnet.or.jp/boujo/s/tokara.htm)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です