ベランダに植えたパセリがアゲハ蝶の幼虫に食べられた原因




マンションのベランダ菜園で、家族から分けてもらったパセリを育てることになりました。

なんとなく、葉っぱ系だったのと虫たちが元気な時期だったので気をつけて育てないとな〜とか思いつつ、いつも通り唐辛子たちと同じように水やりと葉っぱチェックをしていました。

が、仕事(在宅でライティングやホームページ制作をしています)が忙しくなってきてフと葉っぱチェックを疎かにする週がありました。

そしてある日、いつも通り水をあげた後、植物達の様子をじーっとみていると….

パセリの葉っぱが少ない気がしました。

なんていうか、茎はあるけど葉っぱがなくて、小さな葉っぱの破片が土の表面に散らばっています。

おや?

と思ってよーくみてみると…

これでもか!とまるまると太ったアゲハの幼虫さん達が猛スピードでパセリの葉っぱを食い尽くしてしました涙

おそらく皆兄弟。お母さんが卵をたくさんパセリに植えつけていった様子。

今でこそ慣れましたが、アゲハ蝶の幼虫なんて久しぶりに見たよ。あいかわらず奇抜な模様が入っています。

幼虫の日齢は4〜5であと数日したら羽化のためにサナギになりそうな子もいます。

駆除すべきか悩んでいる間にも、とにかく凄い勢いでパセリを食べていきます。

ほかの唐辛子には目もくれず、ひたすらパセリの葉っぱだけを貪り食べ続けていました。

結局ほぼまる裸になってしまった段階でアゲハの兄弟達は割り箸で駆除&別の場所に放牧しましたが、このことが原因でパセリは全て枯れてしまいました。。

後で調べたところ、アゲハ蝶の幼虫はセリ科の植物が大好物。

人参の葉っぱや、今回のパセリが該当します。

お母さんのアゲハ蝶はよーくベランダ菜園のプランターからパセリを見つけたよなぁ…と感心しつつ、アゲハ蝶の食欲の凄さに圧倒されたのでした……




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です