桔梗がウリハムシに食べられるのをなんとかしたい。




6月くらいから咲き始める、桔梗。
高温多湿の気候にも負けず、秋くらいまで咲いてくれるので、夏のガーデンにはありがたい存在です。
桔梗のシックな色合いや、星型の花も好き……でも毎年虫に食べられるのが悩みでした。

【スポンサード広告】

桔梗を食べるにっくき虫……その名もウリハムシ


(黒いやつもいます)

花が咲きだす頃になると、どこからかやってくるオレンジや黒の小さな虫
桔梗が好きらしく、放っておくとどんどん食べられて無残な姿に……。
防虫薬を使ってもほぼ効果なし、虫よけのネットを装着した年もあるのですが、そうすると花が全然楽しめず……

根気よく捕獲するのがいいそうですが、捕獲しようとしても、人が近づくと一瞬で逃げて行ってしまう上に、捕まえても捕まえても増える一方。

どないせいちゅうねん!と途方に暮れていました。

ちなみにこのウリハムシ、家庭菜園をしている方なら、キュウリやカボチャの葉や花に寄ってくる虫と同じだと気づくかと思います。


ウリハムシはウリ科の植物が大好き。

調べてみると、どうやらこの虫、桔梗以外にもカボチャやキュウリの花をよく食べるそう。

そこで私は思いつきました。
つまり、ウリ科の植物を別に植えておけばいいのでは
我が家はコンポストで作った有機肥料を庭にまいているのですが、食べた野菜の種からピーマンやらかぼちゃがしょっちゅう芽吹きます。
実生から育てた野菜は原種に戻る(美味しくない)ことが多いので、普段は抜いてしまうのですが……
今回はウリハムシの餌として、残すことにしてみました(笑)。

今回はうまく守れますように…!

あれよあれよというまに大きくなるかぼちゃ。
かぼちゃの葉は大きいので、強い日差しが苦手な植物の日よけになるなあ、などと思いつつ、これはこれで鑑賞の面白さもあります。

そしているわいるわ、ウリハムシ……

収穫を目指していないので食べられても気にならない!(笑)
そして今のところ、蕾がふくらみつつある桔梗の方にはいません!
ウリハムシの好みは かぼちゃ>桔梗 なのかもしれません。
花が咲きだしたらどうなるのか……しばらく見守りたいと思います。

ベランダに植えたパセリがアゲハ蝶の幼虫に食べられた原因

2019.07.13




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です